先週末は昨年から始動したMINI Hardening バージョン3のため名古屋に乗り込んできました。
昨年からOWASP名古屋さんからの熱いラブコールを受けて念願の初名古屋開催が実現!

NISCさんのサイバーセキュリティ月間にもご協力いただきました!

バージョン3というメジャーバージョンアップでは 「仮想通貨市場」をテーマに参加者のみなさんに インシデントを体験していただきました。
第1回目の9月のYahooさんに続き、2回目は株式会社中電CTIさんの会場をお借りして開催してきました。(以前にMICRO Hardeningも実施されたとのこと。)
さらに メンバーの増員もあり前回のスタッフ4名に加えて攻撃スタッフを2名増員により、真心を込めた温かみのあるインシデントが実現することができました。

内容の詳細は明かせませんが ここ1、2で発生したメジャーな脆弱性や有名なインシデントを盛り込み「カジュアルなインシデント」を体験していただました。
競技終了後の振り返りではみなさんの悔しいそうな表情とこれからのやる気に満ちた表情の両方が見えて、運営チーム一同でほっと胸をなでおろしました。

今回から参加者のみなさんへ、現在の状況をアナウンスする「ゆっくりシステム」が導入されました。
某所でおなじみの”ゆっくり”がインシデントの兆候や解決に向けたアドバイスをすることで、ザワつきながらも参加者のみなさんが気づきを得ていました。

また今回も競技終了後のお楽しみ、特別講義枠ではサイランス長谷川さんより「Incident Response with malware」というテーマで貴重なマルウェア解析最前線のお話をしていただきました。
まだ名古屋に引っ越してきてばかりということでしたが、さっそく懇親会では熱い名古屋ネットワークが繋がっていったようです。

今回はOWASP名古屋のみなさんに助けていただいたおかげでとてもスムーズな競技運営を行うことができました。
また久しぶりの地方開催ということもあり、開催希望の強い熱気を感じることができました。
このような機会をご用意していただいて本当に感謝いたします。
QWASP名古屋でも様々なイベント実施中ですので、ぜひ参加してみてください!

参加者、運営チーム全員で記念撮影!
みんな疲れているけどいい顔しています♪

ほかの地域でも開催要望をお待ちしております。
うちでもぜひ開催してほしー!という方はぜひtwitterなどでご連絡いただければご協力いたします。

まだまだバージョン3もパワーアップしていきますので、次回開催をお待ちください!

次回開催はぜひconnpassのメンバーになっていただいてチェックをお願いします!